入試・就職活動で意欲を示す!面接への取り組み方

「面接」対策についてご紹介します!

理学療法士・作業療法士になるには、就職活動も行わなければなりません。また、これから入試にのぞむ高校生も、入試課題の中で面接が課されている場合も多いかと思います。ぜひこの記事を読んで、将来の就職活動・今後の入試活動に役立ててください!

 

①面接で失敗しないために。受け取り側に立って考えてみる

面接はただでさえ緊張するのに、予期していない質問をされてアタフタしてしまった経験をされた方も多いのではないでしょうか?今回は、面接をテーマに「意欲」について考えてみたいと思います。

 

~言葉足らずで失敗~

「この仕事はできますか?」「このような勉強に興味はありますか?」

と問われたときに、自信がなかったり、やったことのない仕事であった時に「できません」と答えてしまったことありませんか?「できません」という言葉は簡単で明瞭な回答ですが、この回答は受け取り側としてはスキルアップをしようと努力する姿勢がみられない、やる気が感じられないと解釈されます。

 

知識・経験不足によるものは、その後の努力により身につくこともあるので、「できるように努力します」「入学(入職)後に一生懸命勉強します」と前向きに善処する発言の方が受け取り側には好印象を与えられると思います。

 

~余計なひと言で失敗~

「定時で帰りたい、早く帰ることはできるか?」といった発言も意欲が感じられない発言に思われます。

自己学習のための時間を確保するための時間を確認したり、スキルアップのための勉強を継続できるかどうかといった発言の方が好印象です。

 

初めての勉強や仕事では分からないことや自信がないことも多いかと思いますが、それに向けて努力する姿勢がみられれば、周囲の人は協力したり、一緒に考えてくれます。しかし、口では「頑張ります」「努力します」といっても、行動に移さなければ結果は得られません。

 

与えられた課題だけ行って、答えだけを求めるのではなく、どこがわからないのか、何故できないのか、どうしたらその答えを見つけることができるのか考え、行動することで答えを導き出すことができ、自分のスキルとして身につけることができます。

 

新たなスキルを身につけることで、自分の自信につながり、もっと頑張ろうという意欲が出ます。こういった良いスパイラルに身を置くためにも、上記のようなネガティブな考えを持つことは改めましょう。

 

 

 

②面接対策!模擬患者実習

理学療法士・作業療法士の資格を学ぶ専門学校などの養成施設では、学生のための就職サポートがあります。例として「模擬患者実習」をご紹介します。

 

これは、3年次に模擬患者さんを招いて実技授業に臨むものです。3年次後期から始まる「評価実習」に備えるもので、模擬患者役の方と面接の訓練をすることにより、実際の評価実習を実りあるものにすることを目的としています。

 

10分程度の面接が終わると、撮影した映像を見ながら模擬患者さん、先生、クラスメイトからフィードバックを受けます。自分でも気づかない言い回しなども、ここで指摘されます。実際に模擬患者さんと面接した学生は「すごいプレッシャーで緊張したけれど、実習前に面接の訓練ができたので、自分のクセだったり、直すべきポイントが分かってよかったです!」と話してくれました。

 

 IMG_4227

実際に自分が話すところを見たことがありますか?きっと思っているよりも早口だったり、話す順番がちぐはぐだったり、声が小さすぎたりといろいろなことに気づくでしょう。周りの仲間や家族に協力してもらってぜひ実践してみてください!こういった取り組みを行うことで、面接本番にあがらず、スムーズに自分の思いを伝えることができるようになります。

 

 

 

③社会人の第一歩!マナー講座

就職サポートのもう一例として、マナー講座についてご紹介します。

これは、就職活動に向けて履歴書の書き方や面接におけるマナーの基本について、講師を招いて行う講座です。

  IMG_4248 IMG_4245

マナー講座では、外部の先生をお招きし、就職活動をしていく上で大切な面接での態度・礼儀作法や話し方など、細かなことまで、丁寧に指導していただきます。この講座内容は、就職活動だけでなく、卒業し、社会人となってからもきっと役立つことでしょう!

 

 

日本リハビリテーション専門学校では、即戦力となる作業療法士・理学療法士を育成し、その高い実績から多数の求人が寄せられています!作業療法士・理学療法士に興味のある方や、人に役立つ仕事がしたい方は、オープンキャンパスに参加して日リハを体験してみませんか?毎回違う体験メニューを用意しているので、どんどん作業療法士・理学療法士の魅力を知ることができます!実際に仕事を体験して、自分に向いているか、イメージ通りの仕事かどうか、ためしてみよう!

日リハってどんな学校?資格についてもっと知りたい!という方は、まずは無料資料請求!

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
理学療法士と看護師の違いって?2つの国家資格を徹底比較!
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】