【新着ニュース】リハビリ業界の質の向上・底上げのため、東京都が若者向けに実務研修を予定

【新着ニュース!】

東京都は2015年9月14日に、リハビリ業界の質の向上・底上げのため、若手の理学療法士・作業療法士へリハビリを学ぶ実践形式の研修を予定していると発表しました。

若手の理学療法士及び作業療法士実務研修生を募集

 

東京都では、リハビリ業界の質の向上・底上げのため、二次保健医療圏ごとに地域リハビリテーション支援センターを指定し、当該支援センターを拠点として、地域における様々な形態で実施されているリハビリテーションの支援に取り組んでいます。
 その一環として、近年増加傾向にある若手のリハビリ職が実務経験を積める育成体制を整備し、質の向上、底上げを図るため、指定されている12施設の支援センターのうち、3施設にて今年度より若手の理学療法士及び作業療法士に対し、リハビリを学ぶ実践形式の研修を実施することを発表しました。

 

対象は実務経験が原則1年目から5年目までの理学療法士及び作業療法士と、若いリハビリ従事者。また、受講料は無料で、昼食などを除き参加者への負担が少ないため、多くの参加が期待できる。

 

各施設ごとに研修テーマが決められており、

「輝生会(回復期~生活期)におけるチームアプローチの体感と基礎的知識・技術の確認」

「医療センターが有する各病棟における最新のリハビリテーション技術等の実践」

「チームアプローチの体感と基礎的知識・技術の確認」

といった、実務に直結した技術が学べる内容になっており、教育による質の向上が期待される。

 

 

関連サイト

 

関連資料

 

 

日本リハビリテーション専門学校では、即戦力となる理学療法士・作業療法士を育成しています!最新の業界動向を知る講師陣が、資格取得を徹底的にサポート。学校説明会・オープンキャンパスでは仕事を体験できるメニューを用意しているので、どんどん理学療法士・作業療法士の魅力を知ることができます!自分に向いているか、イメージ通りの仕事かどうか、イベントに参加してためしてみよう!
日リハってどんな学校?資格についてもっと知りたい!という方は、まずは無料資料請求!

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
理学療法士の国家試験!概要と勉強の仕方
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】