【新着ニュース】作業療法士・理学療法士の平均給与額増加!厚生労働省が発表

厚生労働省は、介護従事者等の給与を調べた「2015年度介護事業者処遇状況等調査」結果を公開しました。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は平均給与額が348,900円であり、前年同月比で約9,000円増加。また、非常勤者(時給)は1,640円と、調査対象の他職種と比較し最も高い結果となりました。

 

リハビリテーション職は今需要が増加し求められている職種であるため、給与額が増加したと考えられます。高齢者社会に伴い今後さらに上昇することが見込めます。

 

関連サイト:

平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果(HP)

関連資料:

平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要 (PDF)
平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果(PDF)

 

6bcc01cdda57fd833f9bc4342347a07b 8a0ce5ed39823a01aa969e5d4de85e98

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
理学療法士と看護師の違いって?2つの国家資格を徹底比較!
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】