夜間部で学ぶ!ライフスタイルと学びを両立させて理学療法士・作業療法士を目指すには

理学療法士・作業療法士を目指す皆さん!

学校選びの際に迷ってしまうのは、昼間部と夜間部どちらで学ぶか。どちらもメリットがありますが、なんとなく「夜間部は時間数が少なくて不安」と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、夜間部で学ぶ良さについてご説明します!

夜間部で学ぶ!ライフスタイルと学びを両立させて理学療法士・作業療法士を目指すには -目次-

 

理学療法士・作業療法士を目指す学生に夜間部が選ばれる理由

理学療法士・作業療法士を目指す学校で、夜間部がある専門学校は多数あります。夜間部で学ぶ学生の特徴は、経歴や年齢層が多彩なこと。昼間働き、夜間学びながら理学療法士・作業療法士を目指す社会人もいます。

 

夜間部の学生はモチベーションも高く、刺激のある環境を求め、あえて夜間部を選んだという学生も多いです。

 

昼間部とほぼ同じカリキュラムで、働きながら学ぶことを意識し、時間数をおさえた夜間部は、ライフスタイルと学びとを両立したい人におすすめです。目的意識が高く、働きながら確実に実践力を身につけられます。

 

また、夜間部がある学校は授業後も図書館や自習室を利用して、自習することができるところがほとんど。わからないことは教員に質問することも可能で、学生の復習をバックアップしてくれます。就職サポートや学費サポートも、もちろん昼間部と変わりありません。

 

 

働きながら学べ、学費サポートも豊富な夜間部

 

夜間部は、昼間部に比べて学費の負担が少なく、授業料の分割納付も可能なケースが多いです。

 

それは、「働きながら学びたい」という学生が多いため、学校側が学費のサポートを手厚くしてくれているのです。これを利用し、「学びたい」という意欲を学費の面でなくしてしまわないように、モチベーションを高くして頑張っている学生が多数います。

 

理学療法士・作業療法士の資格取得が目指せる日本リハビリテーション専門学校では、昼間部に比べ夜間部の総学費は約100万円も安く設定されています。もちろん学費は明朗会計の実習費込み。実習費別途徴収がある学校もありますので、学校選びの際にはしっかりと見るようにしましょう。

 

また、日本リハビリテーション専門学校の夜間部にはここにしかない特徴やメリットが多数ありますので、詳しくは以下から夜間部特設ページをご覧ください!

 

「よるまなび」圧倒的めんどうみ主義 ▶

 

今なら学費が安い!有資格者はさらにお得です ▶

 

夜間部の学生に向いている人とは?

夜間部に向いている人は、ライフスタイルに合わせた学びをしたい人です。具体的には以下の人などが夜間部に向いているのではないでしょうか。

 

社会人、ダブルスクールの学生

夜間部の最大の特徴は昼間の時間が自由に使えるということです。理学療法士・作業療法士には一度社会に出てから第2の人生として転職される方がたくさんいますのである程度社会経験があり、お仕事をしながら学校に通いたいという方や、大学在学中にダブルスクールで専門学校の夜間部に通い、国家資格取得を目指す方にもおすすめです。。

 

昼間のアルバイトを考えている人

昼間のアルバイトをしながら夜間部に通う方は多くいます。学業を中心とした生活を考えると、正社員ではなくアルバイトの方が良いでしょう。

 

理学療法士・作業療法士の専門学校には、病院や施設からリハビリ助手など医療系のアルバイト求人が来ていることが多いです。一般の職業に比べて、医療現場で働くことができるというメリットだけでなく、実習期間や試験前にお休みがいただけるなどの配慮をしてもらえるということも大きな特徴です。

 

 

学校によっては、昼間部・夜間部とそれぞれにもっと特徴やメリットがあります。学校ホームページやパンフレットで、それぞれの情報を見比べて自分に合った学科を選んでください。

 

 

日本リハビリテーション専門学校は、理学療法学科・作業療法学科のどちらも夜間部を設置しています。「圧倒的めんどうみ主義」をコンセプトに、一人ひとりの学生をきめ細やかにサポートしていることが特徴です。夜間部について気になった方は資料請求を!また、お話が直接聞けるオープンキャンパス・学校説明会にもぜひご参加ください!

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士・作業療法士を目指す方におすすめのドラマ・映画
文系にこそおすすめ!リハビリ専門職・作業療法士の仕事
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士・作業療法士養成が変わる!20年ぶりのカリキュラム改訂