理学療法士・作業療法士を目指したきっかけは?先輩達に聞いてみた

新高校3年生の皆さん!ついに受験の年になりましたが、進路は決まっていますか?理学療法士・作業療法士を目指す先輩たちから、目指すきっかけとアドバイスを聞いてみました!

 

先輩たちが理学療法士・作業療法士を目指したきっかけ

 

「部活のケガをきっかけに、理学療法士を目指すように」

高校3年間ずっとサッカーをやっていました。2年生の時に部活でケガをして、試合にも出られず精神的にまいってしまったことがあります。そんな時、理学療法士の方に助けてもらいました。担当の理学療法士の方が「同じ経験があるよ、大丈夫!」「リハビリは焦らずじっくりだよ」などと励ましてくれ、気持ちが楽になりました。身体的にも精神的にも理学療法士の方が支えてくれ、「こんな人になりたい!」と思い理学療法士を目指しています。

 

「いとこの仕事ぶりに憧れ、作業療法士を目指しました」

作業療法士の仕事を知ったのはいとこがやっていたからです。私は中学生の頃は、保育士や幼稚園教諭になって子供と関わる仕事がしたいなと漠然と思っていました。ですが、いとこのお兄さんが子供のリハビリ内容について話してくれ、作業療法士に興味を持ちました。お兄さんはいつも、子供がリハビリを嫌になったり飽きてしまわないように一生懸命工夫をしていて、辛い思いをしている人たちを笑顔にする魅力的な仕事だと思いました。これが私の作業療法士を目指したきっかけです。

 

「リハビリの経験から、人のために働ける仕事をしたいと思った」

小学生の頃に遊んでいて骨折をしてしまい、リハビリを受けました。その時に知った仕事が理学療法士でした。子供だった僕にとって理学療法士のお兄さんは、家族でも先生でもない大人の人で、とてもかっこよく思ったことを覚えています。進路を決めるときまでは漠然と憧れていただけでしたが、理学療法士の仕事を知っていくにつれて、人のために働けるやりがいのある仕事だなと思い、理学療法士を目指しました。

 

  「祖父を笑顔にした作業療法士に憧れて」

私が大学生の頃、祖父の物忘れがひどくなっていき、歩くことも段々辛くなってきた時期がありました。その時に作業療法士の方にお世話になり、初めて作業療法士の仕事を知りました。私や家族もどうやって祖父をサポートしていけばいいのか不安だったところ、親身になって教えてくださいました。祖父が思うように身体を動かせたときの笑顔を見て、人の役に立つことができる素敵な仕事だなと思いました。私もたくさんの患者さんを笑顔にできる作業療法士になりたいです。

 

 

先輩たちからのアドバイス!高3生が今やっておくべきことは?

 

1日15分から!学習する癖をつけて受験シーズンに備えよう!

僕は高校3年生に上がったとき、先生から”受験の年”と言われていたにも関わらず特別な勉強は何もすることなく過ごしてしまいました。高校3年生の時って部活に文化祭にと何かとやることが多くて、気付いたら受験は目の前で焦ったことを覚えています。「勉強なんて全然やる暇がない」「授業とテスト勉強で一杯一杯」という人は、早いうちから学習する癖をつけておくと良いと思います!

 

まず、1日15分でも机に向かい勉強をする癖をつけましょう。僕の場合はスタートが遅かったので、1日30分は必ず勉強しようと決めて机に向かっていました。少しの時間だけでも毎日の習慣にすることで、いざ受験シーズンになった時に長い時間勉強できるようになります。その日にあった授業の復習からはじめて、余裕があれば予習も行うようにすると半年後には確実に力になっていると思います!

 

医学の勉強は入学してからで間に合う!国語も意外と大切です!

私は今専門学校で学んでいますが、理学療法士・作業療法士の勉強は医学が中心です。高校時代に学ぶ内容よりも当然難しいので、今のうちから学習する癖をつけておくことは進路だけでなく将来の目標へも一歩近づきます!

 

もちろん医学の勉強といっても、高校生のうちから学んでおかなくても養成校に進学すれば少しずつわかるようになっていくので安心してください。意外にも、理学療法士・作業療法士を目指す勉強では国語力も求められます。国語力は一朝一夕で身につくものではありませんので、苦手意識のある人は高校生のうちに克服しておくと良いと思います。

 

 

新高校3年生!オープンキャンパスに参加しよう!

先輩たちからのお話はいかがでしたか?それぞれ理学療法士・作業療法士を目指したストーリーがあり、自分と同じ人・違う人の話を聞くことで進路を考える上で参考になると思います。

 

高校3年生は、これからいろいろな進路について調べ、自分が学びたいと思える大学や専門学校、または仕事に出会うと思います。その上でオープンキャンパスへの参加は欠かせません!自分の目で見て、聞いて、触れて、五感を使って進路研究をしてください。

 

志望校に対する具体的なイメージをもつことは、勉強に対するモチベーションアップにつながります! 在校生や卒業生の先輩から話が聞けるオープンキャンパスを開催している学校も多くありますので、まずはホームページから開催されているイベントをチェックしてみましょう!

 

日本リハビリテーション専門学校は、理学療法士・作業療法士を目指せる専門学校です。オープンキャンパス・学校説明会では先生や在校生も参加しますので、直接お話しして日リハの雰囲気をぜひ感じてみてください!

 

進路に悩む高校2年生は、進学応援サイト「進活」を覗いてみてみましょう!

 

カリキュラムや独自の取り組みについてはパンフレットでもご覧いただけます。気になった方は資料請求を!

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士・作業療法士を目指す方におすすめのドラマ・映画
文系にこそおすすめ!リハビリ専門職・作業療法士の仕事
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士・作業療法士養成が変わる!20年ぶりのカリキュラム改訂