高校生必見!理学療法士を目指すならやっておきたいこと3選

理学療法士を目指している皆さん、もう学校選びは終わりましたか?入学より前に、今からやっておけることを3つご紹介します!

 

コミュニケーション能力を高めよう!

理学療法士になる上で必要なことは、学校の勉強だけではありません。コミュニケーション能力を高めておくことも必要です。人と接する経験を積んでおける機会があれば、利用しましょう。

最も良いのは、部活動やアルバイトでしょう。部活動ではきちんとした挨拶ができるようになったり、チームメイトを思いやった会話ができるようになったりと人と人との関わり方を学ぶ上で最上の場だと言えます。アルバイトについては、単純作業ではなく人と接する仕事を選ぶとより良いでしょう。

スポーツジムで担当のお客さんにアドバイスをしたり、トレーナーとしてプログラムを考えたりする仕事ができるとなお良いですね。

理学療法士になると、患者さんと直接コミュニケーションをとっていくことになります。その患者さんに対して、どんなリハビリが一番いいのか。何を話すべきなのか。こういったことについて適切な判断をするために、相手の気持ちを理解することのできるコミュニケーション能力は、とても重要なのです。

患者さんとうまくコミュニケーションがとれるようになり、的確なリハビリができるようになると、患者さんの満足度が高まり、特に訪問リハビリなどでは、患者さんの口コミで評判が広がって、仕事につながっていくこともあります。

電話の対応や、挨拶の仕方、言葉づかい、メールの送り方など、社会人としてのマナーも早めに学んでおきましょう。

 

自分から勉強する環境を整えよう!

理学療法士は、理学療法士になってからも勉強し続ける仕事です。日々医療は進化していますし、自らの手技を高めていく必要があるからです。

変わっていく世の中に対応していく力も求められます。日本理学療法士協会は、社会保障制度論、医療経済学、栄養学、画像診断学、救急救命医学、理学療法管理学、予防理学療法学などを、新たに学習すべき科目として挙げています。今後はこのような勉強が必要になってきそうです。

そのために、養成校で学ぶカリキュラムの内容だけでなく、自分から勉強していく環境を整えておきましょう。

リハラボ(理学療法士、作業療法士になりたい人のための情報サイト)のようなウェブサイトから、最新の医療情報や学会情報などをチェックすることも大切です。

養成校の先生や先輩とコミュニケーションを取り、将来自分が就職する場所以外の情報も入ってこれるようにコネクションを作っておくことも必要ですよ。

 

 

物理・数学・英語を押さえておこう!

高校で習うことのうち、理学療法士の勉強にも役立つのは、物理や数学です。

これを押さえていれば、理学療法士の養成校に入る予習はばっちりです。何も高度な予習をする必要はなく、高校で習う基本的な内容が頭に入っていれば大丈夫。文系の人や、物理・数学が特に苦手だという人は事前に対策をしておくと良いでしょう。

例えば、テコの原理については名前だけならほとんどの人が知っているのではないでしょうか。それと、作用・反作用の法則や、ベクトルや三角関数など…どれも聞いたことのある単語だと思います。高校で習うこれらを基礎として、理学療法士となる勉強に応用していくのが養成校の授業です。

そのため、これらの科目が得意だったり基本的なことがわかっていると、授業を理解するのが楽になります。

また、英語についても押さえておいた方がよいでしょう。「英語は文系なので必要ないのでは?」と思われるかもしれませんが、医療職種と英語は切っても切れない関係があります。英語の論文を読む機会も出てきますし、研究論文を英語で書くこともあるかもしれません。苦手であるよりは得意になっていた方が有利です。

とはいっても、英語が全然できなくても理学療法士にはなれます。そこから幅を広げていくためには苦手意識がない方がよい、というレベルの話です。

ですが、高校生のうちに英語を克服していないと、なかなか理学療法士を目指す専門学校に通っている間は勉強する時間が取れません。就職してから「やっておけばよかった」と思っても日々の仕事に追われて英語を学ぶのは難しいことが多いので、今からやっておくと良いでしょう。

 

 

 

日本リハビリテーション専門学校は、即戦力の理学療法士を育成している4年制の専門学校です。理学療法士について気になっている方は、まずは無料の資料請求を!

 

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士・作業療法士を目指す方におすすめのドラマ・映画
文系にこそおすすめ!リハビリ専門職・作業療法士の仕事
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士・作業療法士養成が変わる!20年ぶりのカリキュラム改訂