理学療法士を目指す人必見!柔道整復師との違いって?

同じ医療系の国家資格である、理学療法士と柔道整復師の違いについて解説します。似ている面は多くありますが、仕事内容や働く場所など違う面もたくさんありますのでご覧ください!

①理学療法士と柔道整復師は似ている?

理学療法士と柔道整復師は、どちらも専門学校等の養成校で勉強し、国家資格を取得しなければなれない仕事です。仕事内容は、患者さんに実際に接し、怪我などを「施術」または「治療」します。また、理学療法士と柔道整復師は、高齢者社会や患者さんの多様化により年々需要が増している職業でもあります。それに伴い志望者も増加傾向にあります。

 

以上の面では理学療法士と柔道整復師は似ている職業であり、はっきりと違いがわからない人も多い資格です。ですが、資格自体は全く異なるもので、行う施術や治療も違います。

どちらの資格も活躍の場としては、病院のリハビリ科や整形外科・スポーツの現場・介護予防施設などの福祉施設等々、似た場所で働くことができます。ですが、柔道整復師については開業権があり、理学療法士にはありません。そのため、将来開業をして活躍したい人、接骨院や整骨院を経営したい人は柔道整復師の資格を取得しています。

 

②柔道整復師に向いている人とは

柔道整復師も理学療法士と同じく、コミュニケーションを取るのが得意な方が向いています。同様に患者さん、そのご家族とお話する機会が多いためです。

 

その他では、柔道整復師は「柔道整復術」として、人の治癒能力を利用して固定や整復といった手法を使い治療を行います。ですので、手先が器用であることも必要です。包帯を巻いたり、テーピングをしたりなど、手先を動かす仕事があるためです。理学療法士の場合は病院で他の職種の方が細かな看護師が行う場合もありますが、柔道整復師は柔道整復師自身が一人の患者さんに対しての施術をすべて行う場合が多いです。

 

また、やはり開業権のある資格なので、「こんな施術がしたい」「こんな接骨院を作りたい」などの自分で施設自体を変えていきたいという気持ちがある方は柔道整復師が向いています。もちろん実務経験を積むことは大切なのですぐに開業というわけにはいかないと思いますが、将来的に開業し、今までにない新しい接骨院を作る方や地域に貢献できる施設を開業する人が多くいます。

 

③理学療法士に向いている人とは

理学療法士に向いている人は、人とのコミュニケーションが好きな人です。さまざまな患者さんやそのご家族とコミュニケーションをとる機会が多く、また医師や看護師、リハビリ職に関わる他資格の人たちとも連携して仕事をしなければなりません。人のために何かをしたいという気持ちが強く、しっかりと一人一人に向き合える人が向いています。

 

また、リハビリの仕事は患者さんだけでなく理学療法士自身が実際に身体を動かして仕事を行う場面がたくさんあります。デスクワークを主とする仕事とは違い、身体を動かすことが好きな方が向いているでしょう。女性も多く活躍しているためスポーツが得意であったり筋力がなければならないというわけではなく、あくまで身体を動かしている方が楽しいと思える方におすすめです。

 

c2207037a011e694663395652d71b653_s

 

日本リハビリテーション専門学校で は、即戦力となる理学療法士を育成しています!理学療法士に興味のある方や、人に役立つ仕事がしたい方は、オープンキャンパスに参加して日リハを体験して みませんか?毎回違う体験メニューを用意しているので、どんどん仕事の魅力を知ることができます!実際に仕事を体験して、自分に向いているか、イメージ通 りの仕事かどうか、ためしてみよう!
日リハってどんな学校?資格についてもっと知りたい!という方は、まずは無料資料請求!

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士・作業療法士を目指す方におすすめのドラマ・映画
文系にこそおすすめ!リハビリ専門職・作業療法士の仕事
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士・作業療法士養成が変わる!20年ぶりのカリキュラム改訂