自分の力で進学できる!理学療法士・作業療法士を目指すなら夜間部

専門字校には、昼間部・夜間部が設置されている字校が多くありますが、夜間部への進字で大きな魅力の一つとなるのが「昼間部に比べて学費が安い」ということがあります。自分の力で学費を賄いたい、という方に夜間部はぜひおすすめです。

自分の力で進学できる!理学療法士・作業療法士を目指すなら夜間部 -目次-

 

①昼間部と同じカリキュラムで、学費が安い

夜間部については、「授業時間が短いから、昼間部よりも学ぶ内容が薄いのでは…?」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。実際は、昼間部と同じ授業内容を学ぶことができます。1日の授業時間は昼間部と比較すると短くはなりますので、勉強がハードな部分もありますが、短い時間で効率よく学ぶことができることが夜間部進学の大きな魅力です。勉強がハードになってしまう分、補習などをしっかり対策してくれている少人数制・担任制をとった専門学校を選ぶと安心でしょう。

 

そして、夜間部も昼間部と同じカリキュラムや設備が整えられていて、受けられる教育の水準に違いがないにもかかわらず、学費は夜間部のほうが安いのです。昼間部と比べると約2/3程度、中には半額程度に抑えられている学校もあるほどです。これらのことを踏まえて、「夜間部の方が得だ」と考える学生も多くいます。

 

a0c99b1de22e9f4e0e05de37688a2dce_s

 

 

②自分の力で進学できる!自立進学を目指して

学費が安価に設定されているため、保護者などに負担をかけずに、ムリなく自立進学しやすくなります。専門学校によってはリハビリ助手のアルバイト先を斡旋しているところもあり、学生でありながら理学療法士・作業療法士の仕事を経験できるというメリットもあります。

 

また、奨学金制度などの学費サポートを利用することもできます。

 

奨学金制度には主に返還義務のない「給付型」と、返還義務のある「貸与型(有利子・無利子)」がありますので、どの形態なのかを確認しておきましょう。奨学金は支給形態によって、以下の5種類に分けることができます。

 

  • 給付:支給されたお金を返す必要が無い奨学金
  • 免除〔減免〕:入学金や授業料などの学費の一部(あるいは全部)を支払わなくて済む奨学金
  • 貸与・無利子:学校卒業後などに、借りたお金を返さなければならない奨学金
  • 貸与・有利子:学校卒業後などに、借りたお金+利子分の金額を返さなければならない奨学金
  • その他:上記の奨学金に含まれない形式の奨学金、または上記の奨学金が複合した形式の奨学金

 

奨学金を受給することで経済的な負担を軽くして、進学を断念しないで勉強に集中して取り組める環境を作ることができます。自分の現在の状況と将来の計画を照らし合わせて、自分にとって一番良い進学の道を考えてみてください。

 

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

 

理学療法士・作業療法士の資格取得が目指せる日本リハビリテーション専門学校では、夜間部のメリットがさらにたくさん!詳しくは以下から夜間部特設ページをご覧ください!
 

日本リハビリテーション専門学校は、即戦力かつ将来最先端で活躍できる理学療法士・作業療法士を育成しています。4年間でじっくり基礎から学び、夜間部でも高度専門士の称号が付与される専門学校です。キャリアアップ・キャリアチェンジをお考えの皆さん!日リハの学校説明会にきてみませんか?学校の特長だけでなく、理学療法士についての職業理解を深めることもできますよ!

日リハってどんな学校?理学療法士・作業療法士ってどんな仕事?もっと詳しく知りたいと思ったら、まずは無料の資料請求!

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法士と介護福祉士の違いって?2つの国家資格を徹底比較!