高校3年生必見!自分に合った進路の決め方とは

やりたいことが見つからない、進路の選び方が分からないという高校3年生に向けて「進路の探し方」をご紹介したいと思います。

 

①進路選択の春。スタートダッシュが肝心!

高校3年生の皆さん!進路についてもう考え始めていますか?

 

先輩たちによると、高3の春に「志望の学ぶ分野を決めた」人は25%ほどです。でも、「志望の学部・学科(コース)まで決めた」人と「志望校の候補をいくつか決めた」人も合わせると8割の人が、春のうちに具体的に進路を決めています。

 

どんな勉強をすればいいのか・どんな学校を見て回ればいいのかは、ある程度の方向性が決まっていなければわかりません。

 

また、「どんな仕事が世の中にあるのかわからない…」「専門学校がいいの?大学がいいの?」「私の本当にやりたいことって何だろう」など、悩みの内容も人それぞれです。そんな高校3年生に向けて、「自分に合った進路の決め方」をご紹介したいと思います。 

 

c6bc8f4e8bbbf46c82f4c503739e1893_s

 

②自分を見つめよう!

「自分に合っている仕事」を見つけるために、まずは自分の好きなこと・やりたいことは何かを考えましょう。

 

「サッカーをずっとやっているからスポーツに関わりたい」「絵を書いたり工作をしたり、細かい作業が好き」など、思いつくままに書き出してみましょう。多ければ多いほど、具体性が高いほど良いです。

c6bc8f4e8bbbf46c82f4c503739e1893_s

「友人たちと遊んでいるときが一番幸せ」「おいしいものを食べてるときの笑顔がいいと言われる」など、一見すると進路選びには関係なさそうなものでもOKです。とにかく多くの「ポジティブなこと」を書き出すのがポイントです。

c6bc8f4e8bbbf46c82f4c503739e1893_s

次に、自分年表を作ってみます。思い出せるだけ昔、小学校の頃くらいまでは遡ってください。今まで自分に影響を与えた出来事を書き出していきましょう。「小学校3年生の時、先生から褒められたくて積極的に授業で手をあげるようになった。その頃から人前で話すのが得意になった」「中学生で吹奏楽部に入り、音楽が趣味になった」といったような内容です。具体的に書きましょう。

c6bc8f4e8bbbf46c82f4c503739e1893_s

そして、書き出した情報を分析します。書き出した情報を分析していくと、自分がどういうことに興味を持ち、どんな性格なのかが見えてくると思います。この作業は進路選びだけでなく、就職先を選ぶ時や何かに迷ったときに役立ちますので、一度実際にやってみましょう。

 

この自己分析を見つめながら、進路について考えてみましょう。以下の4つの中から軸となるものを選んで考えると見つけやすいです。

 

①自分が得意なことは何か?

②自分が興味のあることは何か?

③将来やりたいことは何か?

④人生設計で決めていることは何か?

 

例えば、最後の④を軸に考えた場合。「30歳になるころには子供を1人産みたいな。その後は仕事と家事を両立しながら暮らしたい」など、あなたの決めている人生設計を叶えられる仕事を選びましょう。出産の後でも続けられる仕事や、仕事と家事と両立させられる仕事を選んでいきます。

 

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

 

③理学療法士・作業療法士に向いている人は?

さて、ここまで進路の決め方についてご紹介してきましたが、自己分析はできたでしょうか?ここで改めて理学療法士・作業療法士という仕事についてお伝えします。理学療法士・作業療法士には、「人と関わることが好き」「困っている人を助けてあげたい」という思いを持った方に向いている職業といえるでしょう。

 

そして、理学療法士・作業療法士の資格は、国家資格です。「一生の仕事をみつけたい!」「手に職をつけて求められる人になりたい!」「やりがいのある仕事をしたい!」という人に向いています。出産や育児をしていても国家資格はなくなりませんので、女性の方にもオススメです。また、医療資格の中でも夜勤がないこともメリットの一つです。

 

 

【理学療法士に向いている人】

理学療法士は、リハビリテーション職の中でも運動機能回復のスペシャリストです。スポーツをやっていた人なら、怪我をした時にリハビリをしてもらったことがあるのではないでしょうか。スポーツに関わる仕事がしたいという人にオススメの職業です。

 

【作業療法士に向いている人】

作業療法士は、身体機能の回復と心のリハビリのエキスパートです。家事、趣味の活動、運動など、さまざまなことを訓練に取り入れるため、多くのことに関心がある人にオススメできます。音楽や美術をやっている人には特に向いている職業です。心のケアが重要な職業でもありますので、人とのコミュニケーションが得意な方はやりがいを持って仕事ができるでしょう。また、優しい性格の人・穏やかな性格の人にも向いています。

 

自己分析をしてみて、いろんな職業に目を向けてみてください。そして、自分をしっかり見つめて、進路を決めていきましょう!

 

 

日本リハビリテーション専門学校では、即戦力となる理学療法士・作業療法士を育成しています!理学療法士・作業療法士に興味のある方や、人に役立つ仕事がしたい方は、オープンキャンパスに参加して日リハを体験してみませんか?日リハのオープンキャンパスなら理学療法士・作業療法士の違いについても良く分かります。自分にはどちらが向いているか、イメージ通りの仕事かどうか、確かめてみよう!
日リハってどんな学校?資格についてもっと知りたい!という方は、まずは無料資料請求!

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士・作業療法士を目指す方におすすめのドラマ・映画
文系にこそおすすめ!リハビリ専門職・作業療法士の仕事
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
理学療法士・作業療法士養成が変わる!20年ぶりのカリキュラム改訂