作業療法士と看護師の違いって?2つの国家資格を徹底比較!

作業療法士と看護師とは、どのような仕事を行っているのでしょうか。また、どのような違いを持つのでしょうか。作業療法士や看護師に興味がある方は必見です。

作業療法士と看護師の違いって?2つの国家資格を徹底比較! -目次-

 

作業療法士の資格・仕事について

作業療法士は、回復と心のリハビリテーションにおけるスペシャリストです。理学療法士・言語聴覚士と共にリハビリ3資格とも呼ばれます。人の生活におけるあらゆる活動を本人が望む生活ができるようにしていく治療やサポートを行います。

 

作業療法士の仕事は、人の生活におけるすべての「作業」に関わります。障がいのある方に対し、食事や着替えなどの基本的な生活の訓練や、仕事や学校など社会参加のための訓練、また、精神・心理面へのアプローチも行います。対象分野は身体、精神、発達、老年期と幅広いことが特長ですが、就職は1分野の専門家として、他の分野で学んだことも活かしながら活躍することが一般的です。

 

また、作業療法士は今の生活を豊かにするためにサポートするだけでなく、今後の人生についても患者さんと共に考えていきます。障がいがある場合に、どういったことに興味や価値を持って生きていくのかを見つける手伝いをします。

 

 

作業療法士になるためには、養成校で学び国家資格を取得する必要があります。実習や特別な機材などが必要になるため、独学では国家資格の受験資格を得ることができません。まず養成校に入学・卒業し、国家試験を受験・合格した場合に初めて作業療法士として認められます。

 

養成校へは、高校を卒業してからすぐに入学する方もいますし、最近は社会人からのキャリアチェンジで専門学校などの養成校に入学する方も多くなっています。作業療法士は、病院・診療所などの医療機関をはじめ、介護老人保健施設、保健所などの行政機関でも活躍しています。

 

 

看護師の資格・仕事について

看護師は、医師の診察補助をし、病気や障害を持つ人への日常的・医療的なケアと、病気の予防や健康増進を目的とした患者への教育指導などを行います。具体的には、血圧・脈・体温などを測りバイタルチェックを行なって医師に報告したり、点滴・注射・採血などの業務をおこないます。また、食事や入浴、排泄など入院中の患者の身の回りのお世話なども行っており、主に病院で看護師の持つ仕事の比重は大きいです。

 

看護師は患者と接する時間がもっとも長い職業と言われています。看護師が行なうケアの質は患者の回復に大きく影響します。自分が身につけた知識や技術、丁寧なケアが患者の回復に直接結びつき、人の役にたっていることを実感できる職業です。

 

看護師も理学療法士同様、国家資格を持たなければ働くことができません。養成校の特徴としては実習が多く、学生生活が厳しくなりがちだということです。看護師は、夜勤が多い仕事としても知られていますが、看護師として就職すると365日24時間稼働している病院で働き、不規則な勤務時間で働かなければならないケースがほとんどですので、学生のうちに夜勤に慣れておくということも必要だといえるでしょう。

 

また、病院で勤務するイメージのある看護師ですが、高齢化が進む日本では訪問看護師の需要が高まっています。政府も後押しをしており、自宅に戻る患者の多い病院に対する評価を高くする・在宅医療に取り組む診療所に診療報酬を手厚く配分する、などといった施策を行っています。

 

訪問看護の仕事は「在宅医療」に対しての知識や技術を身につける必要があります。患者さんが退院したらおしまい、ではなく、自宅でより快適に暮らしていけるよう手助けをする視点を持たなければなりません。これからの看護師には、訪問看護に対する知見も求められています。

 

 

作業療法士と看護師の違い

医療の専門家であり、チーム医療として共に協力する関係である作業療法士と看護師。似ている2つの国家資格ですが、違いは沢山あります。看護師は患者さんのケアが仕事内容のほとんどを占めますが、作業療法士はリハビリをして「回復」させることが仕事内容です。

 

また、職場についても違いがあります。看護師は、総合病院から個人経営のクリニックまで全ての医療機関が職場になります。また、介護施設や保健施設、保育園、一般企業など医療分野以外にもたくさんの就職先があります。

 

作業療法士の主な職場はリハビリテーション科がある医療機関や老人保健施設、デイケア(通所リハビリテーション)などの介護施設です。リハビリテーション科は総合病院やリハビリテーション病院には必ずあり、整形外科を中心としたクリニックなどにもたくさんあります。近年は在宅高齢者のお宅を訪問する「訪問リハビリ」や、近隣の高齢者を施設に招いてリハビリを提供する「通所リハビリ(デイケア)」などが増えており、作業療法士の需要は増加しています。

 

働く上で気になる違いでいえば、勤務形態でしょう。入院設備がある医療機関において看護師は365日24時間配置が基本となるため、看護師はシフト勤務といわれる勤務形態になります。勤務時間や休日は一定ではないため、看護師の生活はどうしても不規則になりますが、その分理学療法士より給与は高い傾向があります。

 

作業療法士の場合は日勤が基本であり、8時から9時に出勤し、17時から18時に仕事が終わるというのが一般的です。一部医療機関では遅番や早番がありますが、夜勤はありません。規則正しい生活を希望する人等、働きやすさを重視する方には作業療法士の方が向いていると言えるでしょう。

 

このように、2つの国家資格は様々な違いがあります。これから福祉医療系の国家資格取得を目指す方は、自分の将来像をイメージしながら考えてみてください。

 

 

日本リハビリテーション専門学校は、即戦力の作業療法士を育成している4年制の専門学校です。作業療法士について気になっている方は、まずは無料の資料請求を!

 

Get Over国家試験「チーム日リハ」▶

 

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】
理学療法士の国家試験!概要と勉強の仕方