子どものリハビリテーション!作業療法士として求められることは?

作業療法士の仕事の中には、子供のリハビリテーションを行う、小児リハという分野もあります。子どもの発達に特化してサポートする分野でもあり、専門の治療を行っている施設は限られています。子どもと関わる仕事がしたい方・興味がある方のために小児リハについてご説明します。

子どものリハビリテーション!作業療法士として求められることは? -目次-

 

①小児専門施設で働く!小児リハビリテーション

作業療法士の活躍の場には、小児リハビリテーションという分野があります。特殊な分野とされていましたが、最近では、周産期の医療施設を有する小児病院が増えつつあります。具体的には身体障害児入所施設・障害児放課後等デイサービスといった小児専門施設に勤務します。これらの施設では、作業療法士として成人や高齢者を対象にリハビリを行う時とは異なり、子ども向けに特別な知識や技術が必要とされています。

 

生まれた時から、人は大人と同じように手先が器用かというとそうではありません。成長と共に、物を触る・操作することを覚えていき、さまざまな経験が重なり合って発達課題と呼ばれる日常生活に必要な技能を身につけていきます。その経験はあそびを通して身に付けることが多く、作業療法士は発達の手助けをする中でその観点を重視して経験を積ませていきます。「生まれつき手のかたちが違う」「早産だったため体が小さく、運動発達が心配」といった保護者の方の相談を受け、子どもそれぞれの個性を見てリハビリを進めます。

 

小児医療の大きな役割は、子どもをすこやかに成長、発達させることにあります。その分責任も大きく、また保護者とのコミュニケーションが大切な仕事です。

 

a783ec2d0e12ca6d2ade233a58d49ec1_s

 

 

②子ども対象ならではの考え方

成人を対象とした作業療法士の仕事と違う場面は、「リハビリテーションの目的を説明して理解を得ながら一緒に進める」という方法が取れないところにあります。「何のために行っているのか」を教えるよりも「楽しんで一緒にやってみる」ということが重要になります。

 

ベッド上などの決まった場所で指示に合わせながら運動をするといったことは難しく、そんな環境では、すぐに飽きてしまいリハビリの協力も得られにくくなります。そのため、作業療法士が子どもに対してリハビリを実施する場合には、リハビリを遊びの中に取り込む考え方を持つことが必要です。子どもが楽しみながら、心身機能の向上を図ることができます。

 

また、小児リハビリでは特に保護者との関係を密に保つことも重要な仕事です。作業療法士の仕事は患者様のご家族とのコミュニケーションが必要なケースは多くありますが、子ども対象の場合はその場面が更に増えると言えるでしょう。コミュニケーションを密に取り保護者の安心感を高め、保護者から伺った子どもの家での様子などをリハビリに活かすことによってリハビリの精度を高めていくことができます。

 

 

③やりがいのある小児領域の仕事

現在、医療ケアが必要な子どもの数は年々増えています。高齢社会とともに、解決していかなければならない社会問題でもあります。小児の受け入れ体制が整っている施設数自体はまだまだ数は少ないですが、作業療法士の需要は今後さらに増していくと言えるでしょう。

 

子どもは成人に対して身体の変化が速いため、毎回観察・評価を繰り返し、リハビリテーションのプログラムを変更していく必要があります。できることとできないことが日々変化する中で、柔軟に対応できる力が必要とされています。そしてできることが増えていき、子どもたちの笑顔につながる仕事でもあります。子どもの成長に寄り添いながら行う仕事なので、苦労も多いですが、それ以上にやりがいがある仕事です。

 

dcfbdeb053559951e79f1bad887e740c_s

 

 

日本リハビリテーション専門学校には、小児のリハビリテーションを専門とする専任教員が在籍しています!作業療法士に興味のある方や、将来子どもと関わる仕事がしたいと思っている方は、日リハのオープンキャンパスに参加して、詳しく話を聞いてみませんか?日リハのオープンキャンパスなら、作業療法と理学療法の違いについても良く分かります!
日リハってどんな学校?資格についてもっと知りたい!という方は、まずは無料資料請求!

作業療法で行う編み物や手芸って、どんな効果があるの?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
海外で活躍したい高校生必見!世界の理学療法士と海外で働く方法について
新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
理学療法士と看護師の違いって?2つの国家資格を徹底比較!
理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PR書き方講座 【進路を決めようシリーズ③】